商業登記の仕方へようこそ!

ビジネスをする上で知っておきたい商業登記の仕方をまとめました

商業登記 カテゴリー別 記事一覧

全ページの記事一覧です。
番号の若い順に上から読み進めても、必要な所を選んで読んでもOKです。

ランダムに記事を表示↓
  • 商業登記の申請をする際には、法務局で手数料がかかります。正確には、登録免許税と呼ばれる税金です。この登録免許税は、商業登記の場合、一体どのくらいの金額がかかるのでしょうか。

  • 商業登記を申請するにあたって、ほとんどの場面で要求される添付書類が議事録です。例えば、株主総会議事録・取締役会議事録・清算人会議事録・取締役の決定書(取締役会を置かない会社における取締役会議事録に相当するもの)などです。

  • 商業登記は会社取引で重要となる事項を登記記録に記載するものですが、例えば、会社の電話番号や授業員の数などは登記されません。これらは、(実際の取引では重要なことはもちろんですが)少なくとも法律的な意味では重要とは言えないからです。

  • 商業登記をする場合には、多くの場合において株主総会議事録が必要となります。そして株主総会議事録には、申請したい登記に応じて必要な議決権の賛成個数が異なります。例えば、取締役の選任には「普通決議」といわれる賛成数が必要です。