商業登記の仕方へようこそ!

ビジネスをする上で知っておきたい商業登記の仕方をまとめました

商業登記 カテゴリー別 記事一覧

全ページの記事一覧です。
番号の若い順に上から読み進めても、必要な所を選んで読んでもOKです。

ランダムに記事を表示↓
  • 商業登記をする場合には、多くの場合において株主総会議事録が必要となります。そして株主総会議事録には、申請したい登記に応じて必要な議決権の賛成個数が異なります。例えば、取締役の選任には「普通決議」といわれる賛成数が必要です。

  • 商業登記は、書面による形式審査ですので、申請内容が真実であるかはもちろん、申請人が申請権限があるかどうかについても判断することができません(この点、例えば、裁判所の手続きであれば、本人尋問など裁判官が口頭でさまざまな事項を確認します)。

  • 商業登記という言葉は、一般的にはそれほどなじみがない言葉ではないかと存じます。ただ、会社を経営されている方や会社で総務・法務などに携わられている方はその重要性を強く認識されていることでしょう。

  • 当然のことながら、商業登記は会社の現状、つまり真実に合致していることが望ましい「あるべき姿」です。 しかし、以前の記事で述べましたように、商業登記は会社の申請によって行われます。