商業登記の仕方へようこそ!

ビジネスをする上で知っておきたい商業登記の仕方をまとめました

商業登記 カテゴリー別 記事一覧

全ページの記事一覧です。
番号の若い順に上から読み進めても、必要な所を選んで読んでもOKです。

ランダムに記事を表示↓
  • どの業界でも、M&A、つまり合併と統合が非常に盛んになっています。M&Aというと、従来は大企業でのみ行うものというイメージも存在していた感がありますが、現在では中小企業でもM&Aは盛んです。

  • 商業登記は、法務局を利用した法的な手続きです。法的な手続きというと、当然その分野の専門家がいます。例えば、警察や入管の許可手続きであれば行政書士、税務署の手続きであれば税理士、裁判所の手続きであれば弁護士等です。

  • 商業登記をする場合には、多くの場合において株主総会議事録が必要となります。そして株主総会議事録には、申請したい登記に応じて必要な議決権の賛成個数が異なります。例えば、取締役の選任には「普通決議」といわれる賛成数が必要です。

  • 商業登記と会社運営で決して避けることができないのが、創業時点における登記、つまり設立登記です。会社は登記をすることによって成立します。(会社法第49条など)そのため、会社として事業を始めるためには、設立登記を避けることは絶対に不可能です。