商業登記の仕方へようこそ!

ビジネスをする上で知っておきたい商業登記の仕方をまとめました

商業登記 カテゴリー別 記事一覧

全ページの記事一覧です。
番号の若い順に上から読み進めても、必要な所を選んで読んでもOKです。

ランダムに記事を表示↓
  • 会社設立にあたっては、資本金の額を定めなければなりません。資本金は必ずしも定款に記載しなくてもよく、その場合には、発起人の全員の一致で決定します(過半数の一致などでは足りません。全員の一致が必要です)。

  • 平成18年以降からは新しい会社法が施行されて取締役会を設置することが会社の義務ではなくなりました。とはいえ、大規模な会社はもちろん、中堅の会社でも、まだまだ取締役会を設置している会社は少なくありません。

  • 商業登記は、法務局を利用した法的な手続きです。法的な手続きというと、当然その分野の専門家がいます。例えば、警察や入管の許可手続きであれば行政書士、税務署の手続きであれば税理士、裁判所の手続きであれば弁護士等です。

  • 会社法と商業登記法では、時折、債権者保護手続きが要求される場合があります。これは、会社法・商業登記法独自のシステムで利害関係がある人や会社に一定の事実を告知するというための手続きです。