商業登記の仕方へようこそ!

ビジネスをする上で知っておきたい商業登記の仕方をまとめました

商業登記 カテゴリー別 記事一覧

全ページの記事一覧です。
番号の若い順に上から読み進めても、必要な所を選んで読んでもOKです。

ランダムに記事を表示↓
  • 商業登記は、裁判所ではなく主として法務局が取り扱う手続法として、利用者と法務局の手続き進行の便宜のためにさまざまな実務上のテクニック・法律には書かれていない特別な取り扱いなどがされることがあります。

  • 会社の登記手続きでダントツに多いのは、役員等の変更登記です。つまり、取締役・監査役・代表取締役・会計参与・委員・執行役・会計監査人の変更登記です。

  • 商業登記制度は、会社の状態を誰もが見ることができる公の状態にして取引相手としてふさわしいかどうかを判断することができるようにするための制度です。 この商業登記を法務局(登記所)で申請すると、具体的にはどのような処理がなされるのでしょうか。

  • 前の記事に引き続いて、商業登記のスタートとなる、会社設立の登記についてみていきます。実際の創業では、資金繰りや商品の販路などが問題となりますが、法務手続き的には、株式会社を作るためには、第一に定款作成が必要となります。