商業登記の仕方へようこそ!

ビジネスをする上で知っておきたい商業登記の仕方をまとめました

商業登記 カテゴリー別 記事一覧

全ページの記事一覧です。
番号の若い順に上から読み進めても、必要な所を選んで読んでもOKです。

ランダムに記事を表示↓
  • 商業登記は会社取引で重要となる事項を登記記録に記載するものですが、例えば、会社の電話番号や授業員の数などは登記されません。これらは、(実際の取引では重要なことはもちろんですが)少なくとも法律的な意味では重要とは言えないからです。

  • 会社の登記手続きでダントツに多いのは、役員等の変更登記です。つまり、取締役・監査役・代表取締役・会計参与・委員・執行役・会計監査人の変更登記です。

  • 商業登記は、書面による形式審査ですので、申請内容が真実であるかはもちろん、申請人が申請権限があるかどうかについても判断することができません(この点、例えば、裁判所の手続きであれば、本人尋問など裁判官が口頭でさまざまな事項を確認します)。