商業登記の仕方へようこそ!

ビジネスをする上で知っておきたい商業登記の仕方をまとめました

商業登記 カテゴリー別 記事一覧

全ページの記事一覧です。
番号の若い順に上から読み進めても、必要な所を選んで読んでもOKです。

ランダムに記事を表示↓
  • 平成10年代には、大企業の粉飾決算が大きな問題となりました。会社の会計・財務を監査するのは、監査役でしたが、同じ社内の人間である監査役による会計監査の限界が強く意識されました。

  • 商業登記という言葉は、一般的にはそれほどなじみがない言葉ではないかと存じます。ただ、会社を経営されている方や会社で総務・法務などに携わられている方はその重要性を強く認識されていることでしょう。

  • 商業登記手続きは、役員変更や資本金の額の増加といった会社法が定めた手続きを、会社法に従って行ったということを書面でのみ立証します。 裁判とは異なり、正しい法律の手続きを行ったことを証人などが口頭で立証することはありません。

  • 株式は、株式会社に対する出資者としての地位であり、株式保有数によって会社の方針を決定できる権限が異なってくることになります。