商業登記の仕方へようこそ!

ビジネスをする上で知っておきたい商業登記の仕方をまとめました

商業登記 カテゴリー別 記事一覧

全ページの記事一覧です。
番号の若い順に上から読み進めても、必要な所を選んで読んでもOKです。

ランダムに記事を表示↓
  • 当然のことながら、商業登記は会社の現状、つまり真実に合致していることが望ましい「あるべき姿」です。 しかし、以前の記事で述べましたように、商業登記は会社の申請によって行われます。

  • 商業登記手続きは、役員変更や資本金の額の増加といった会社法が定めた手続きを、会社法に従って行ったということを書面でのみ立証します。 裁判とは異なり、正しい法律の手続きを行ったことを証人などが口頭で立証することはありません。

  • 会社法と商業登記法では、時折、債権者保護手続きが要求される場合があります。これは、会社法・商業登記法独自のシステムで利害関係がある人や会社に一定の事実を告知するというための手続きです。

  • 商業登記の申請をする際には、法務局で手数料がかかります。正確には、登録免許税と呼ばれる税金です。この登録免許税は、商業登記の場合、一体どのくらいの金額がかかるのでしょうか。