商業登記の仕方へようこそ!

ビジネスをする上で知っておきたい商業登記の仕方をまとめました

商業登記 カテゴリー別 記事一覧

全ページの記事一覧です。
番号の若い順に上から読み進めても、必要な所を選んで読んでもOKです。

ランダムに記事を表示↓
  • 平成10年代には、大企業の粉飾決算が大きな問題となりました。会社の会計・財務を監査するのは、監査役でしたが、同じ社内の人間である監査役による会計監査の限界が強く意識されました。

  • 商業登記は、裁判所ではなく主として法務局が取り扱う手続法として、利用者と法務局の手続き進行の便宜のためにさまざまな実務上のテクニック・法律には書かれていない特別な取り扱いなどがされることがあります。

  • 商業登記は、書面による形式審査ですので、申請内容が真実であるかはもちろん、申請人が申請権限があるかどうかについても判断することができません(この点、例えば、裁判所の手続きであれば、本人尋問など裁判官が口頭でさまざまな事項を確認します)。

  • 商業登記は、法務局を利用した法的な手続きです。法的な手続きというと、当然その分野の専門家がいます。例えば、警察や入管の許可手続きであれば行政書士、税務署の手続きであれば税理士、裁判所の手続きであれば弁護士等です。